2024年ドンキの節分恵方巻は予約不要で購入可能?内容と価格に関する情報紹介

2024年ドンキの節分恵方巻は予約不要で購入可能?内容と価格に関する情報紹介 イベント

節分の季節が近づくと、ドンキは恒例の恵方巻を販売し始めます。
恵方巻は節分に特定の方角に向かって食べる日本の習慣で、国内で幅広く親しまれています。
2024年も、多くの人がドンキでの恵方巻販売を楽しみにしているでしょう。
通常、スーパーマーケットなどで恵方巻が毎年販売されており、ドンキも2024年の販売を計画しています。
ドンキの恵方巻は毎年人気ですが、予約の必要性については特に関心が集まっています。

 

2024年ドンキの恵方巻は予約なしで当日購入可能に

ドンキでは2024年の恵方巻も、予約不要で当日購入ができるようです。
これまでのドンキの方針として、恵方巻の予約販売は行われていないため、店舗によって在庫や種類に違いが見られることがあります。

 

2024年ドンキの恵方巻:価格と種類についての最新情報

こちら記事では、2024年ドンキの恵方巻に関する最新の詳細情報が入り次第、随時更新していきます。

 

2024年ドンキ恵方巻のカロリー情報

ドンキの2024年版恵方巻のカロリーに関する詳細は、後日更新予定です。
一般的に恵方巻には約150gのご飯が使われることが多いです。
恵方巻は酢飯を使用した太巻き寿司であり、酢飯は白米に酢、砂糖、塩を混ぜて作られます。
一合で炊いたご飯は約330gなので、恵方巻一本には大体160gのご飯が使われることになりますが、具材の量や巻きすの大きさによって変わります。
恵方巻を作る際には、これらの要素に合わせてご飯の量を調整することが重要です。
また、個人の好みで200gのご飯を使用する場合もあります。

フードロス対策として、2020年頃からドンキを含む多くの回転寿司やスーパーマーケットでは恵方巻の用意量を控えめにしています。
数量限定ではありませんが、過去よりも当日販売される量が少なくなる可能性があるため、予約していない場合は早めの購入をお勧めします。

 

2024年ドンキの恵方巻き市場動向の予測

2024年、ドンキにおける恵方巻きの売上は、過去数年に比べて下降する可能性があります。
主な理由は以下の二つです。

 

食品廃棄問題への意識の向上

2016年に恵方巻きに関連する食品廃棄問題が注目されてから、消費者の意識が高まっています。
農林水産省の調査によると、2022年時点で恵方巻きの売れ残りについて「認識している」と答えた人は約90.8%に達しました。
この傾向を踏まえると、2024年には恵方巻き購入時に食品廃棄を避けたいと考える人が増え、結果として自宅で恵方巻きを作る人が増えるか、オンラインでの予約購入が増加する可能性があると考えられます。

 

新型コロナウイルス影響の変化

2022年には新型コロナウイルスの影響で外食や外出を控える傾向があり、恵方巻きの売上は前年比で低下しました。
2023年以降、新型コロナの状況が改善し、外食や外出の機会は増加していますが、恵方巻きの売上が2019年以前の水準に戻ることは見込まれていません。
2022年の恵方巻きの売上は前年比で10.5%減の約1,300億円でしたが、2024年にはこれを下回る約1,200億円程度になると予想されます。
これは推測に過ぎませんが、食品廃棄問題への意識の高まりと新型コロナウイルスの影響の変化を考慮すると、2024年の恵方巻きの売上は2022年と比較して減少する見込みが高いと言えます。

 

2024年ドンキの恵方巻きの正しい食べ方

2024年にドンキで販売される恵方巻きを食べる際には、以下の4つの基本ルールを守ることが推奨されています。
まず、食べる人数に応じて恵方巻きの本数を準備します。
次に、その年の恵方(吉方位)を調べます。
恵方を向いて、黙って願い事を心に思い描きながら恵方巻きを食べます。
そして、大切なのは、一本を途中で切らずに一気に食べきることです。
これらのルールに従うと、願い事が叶うとされています。

 

1.恵方巻きは家族の人数分用意する

恵方巻きは、その年に幸運をもたらすとされる食べ物です。
家族全員で一緒に食べることで、より大きな福を招くと言われています。

 

2.恵方の確認

恵方は、その年ごとに異なる方向を指し、「歳徳神」が居るとされる方向です。
この方向に向かって恵方巻きを食べることで、歳徳神からの幸運をより多く受けられるとされています。

3.恵方を向いて無言で願い事をしながら食べる

恵方巻きは、その年の願い事を叶える食べ物としても知られています。
恵方に向かい、願い事を心に思い浮かべながら黙って食べることで、願い事が叶うと言われています。

 

4.一気に丸ごと食べる

恵方巻きは、途中で切らずに丸ごと一気に食べることが推奨されています。
これは、1年間の幸せを途切れさせないための習慣とされています。
ただし、恵方巻きの食べ方は地域や家庭によって異なることがあります。
例えば、一部の地域では恵方巻きを食べる前に豆まきをする風習がある一方で、別の地域では恵方巻きを食べる前にお神酒やお茶を飲む習慣があります。

 

ドンキ2024年恵方巻きの指定方角

2024年のドンキ恵方巻きを食べる際の指定方角は「東北東」とされています。
「恵方」とは、その年に福徳を司る神様である歳徳神が存在する方角を指します。
恵方は毎年変わり、十干に基づいて決定されます。
十干は中国で発祥した概念で、暦や時刻、方角などを表すのに使用され、日本にも伝わっています。

方角を示す十二支は、「子」から始まり時計回りに「丑」「寅」「卯」「辰」「巳」「午」「未」「申」「酉」「戌」「亥」と続きます。
十干には、「甲」「乙」「丙」「丁」「戊」「己」「庚」「辛」「壬」「癸」の10種類があります。
西暦の下一桁をもとに恵方を定め、その方角に向かって恵方巻きを食べることが一般的です。

2024年の恵方「東北東」は、十干と十二支を組み合わせた方位盤によって特定されます。
指定された方角に向かって恵方巻きを食べることは吉とされており、この習慣は日本で広く行われています。
2024年は「東北東」が恵方となります。

 

2024年ドンキ恵方巻きは予約なしでも購入可能か? まとめ

ドンキで販売される恵方巻きや節分スイーツは、毎年人気が高く、事前予約が必要ないため、初めて利用する人にも簡単に手に入ります。
店舗によっては、当日でも店頭で購入可能ですので、興味のある方は店頭で確認することをお勧めします。
近年は、クリスマスケーキや恵方巻きのような季節商品の売れ残りによる食品ロス問題が顕著になっており、予約販売を推進する店舗も増えています。
さらに、「巣ごもり需要」が高まっているため、昼間に売り切れることもあります。
そのため、「ドンキで恵方巻きを当日予約なしで手に入れたい」と思う場合は、早めに来店するか、事前に注文することをお勧めします。
店舗によっては、恵方巻きの専用コーナーが午前中に空になることもあり、夕方には帰宅途中の人々によって恵方巻きが急速に売れることがあります。
そのため、早めの来店や事前注文が安心です。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。