2024年ローソンの節分恵方巻は予約不要で購入可能?種類や価格・カロリーの情報紹介!

2024年ローソンの節分恵方巻は予約不要で購入可能?種類や価格・カロリーの情報紹介! イベント

毎年節分に合わせて、ローソンは特定の方向を向いて食べる伝統的な「恵方巻き」を提供しています。
節分に恵方巻きを食べる習慣は日本中で広まっており、2024年も多くの人々がローソンの恵方巻きを楽しみにしています。
ローソンは、コンビニチェーンとして2024年も恵方巻きを販売する予定で、特にその恵方巻きは毎年好評を博しています。
しかし、多くの消費者が、予約が必要かどうか、またどのように予約するかに関心を持っています。
さらに、ローソンの恵方巻きは回転寿司店でも人気があり、「回転寿司で恵方巻きを選ぶならローソンのものがおすすめ!」との声も多く聞かれます。

 

2024年ローソンの恵方巻きは予約不要で当日購入可能?

ローソンは、2024年の節分に合わせて、新しい恵方巻きのラインナップを発表し、予約受付を開始しました。
特に注目されているのは、「鮨由う監修 炙りホタテ海鮮恵方巻き」と「賛否両論監修 銀鱈西京焼恵方巻き」で、それぞれ880円で提供されます。
予約はローソンアプリまたは全国のローソン店舗(「ローソンストア100」を除く)で行えます。
食品ロスの削減を目指し、恵方巻きを含む季節商品は主に予約販売を実施しています。

2024年のローソンの恵方巻きには、定番のものに加えて、有名店や人気店が監修した特別版恵方巻きや、規格外食材を使用した「もったいない恵方巻き」などがあります。
恵方巻きは食品ロス削減のため基本的に予約制ですが、当日購入の可否は店舗により異なります。
一部の店舗では当日販売することもあるため、確実に手に入れたい場合は予約が推奨されます。

 

2024年ローソン恵方巻きの予約方法

2024年のローソンでの恵方巻き予約には、以下の二つの方法があります。

  1. 店頭での予約
  2. オンライン予約(モバイルアプリを利用)

これらの方法には異なる予約期間が設定されています。
店頭での予約は、恵方巻きや節分用のそばは1月28日まで、節分のデザートや和菓子は1月26日まで受け付けています。
アプリを利用したオンライン予約では、節分関連の全商品が1月24日まで予約可能です。

商品の受け取り期間は、店頭予約でもアプリ予約でも、2024年1月31日から2月3日に設定されています。
オンラインでの予約は、お持ち帰り専用のウェブサイトから行います。
店舗と受け取り日を選んだ後、「にぎり」や「期間限定メニュー」の中から「節分メニュー」を選びます。
恵方巻きが「品切れ」と表示されている場合は、すでに完売していることを示します。

 

2024年ローソン恵方巻きの種類と価格の紹介

2024年の節分に向け、ローソンは以下の6種類の恵方巻きを提供します。

  1. 銀鱈西京焼恵方巻き(880円):西京味噌で味付けされた豪華な銀鱈を使用。
  2. 炙りホタテ海鮮恵方巻き(880円):北海道産ホタテを特別に炙った海鮮恵方巻き。
  3. 黒毛和牛しぐれ煮恵方巻き(980円):じっくり煮込んだ黒毛和牛を使用した贅沢な味わい。
  4. 黒毛和牛焼肉恵方巻き(980円):特製醤油ダレで味付けした黒毛和牛を使用。
  5. 穴子刻み恵方巻き(430円):規格外の穴子、錦糸卵、海老、きゅうりなどを組み合わせ、コストパフォーマンスに優れる。
  6. 七種具材恵方巻き(480円):焼き穴子、厚焼き卵、高野豆腐、きゅうり、かんぴょう、おぼろ、椎茸を使用した伝統的な味わい。

■参考:過去のローソン恵方巻き(2023年までの情報)

 

2024年ローソン恵方巻きのカロリー情報

ローソンは2024年版の恵方巻きに関するカロリーの詳細を後日ブログで更新する予定です。
一般に、恵方巻き1本に使われる米は120gから150gで、米100gあたりのカロリーは約168kcalです。
これに基づくと、恵方巻き1本のカロリーは約201.6kcalから242kcalとなります。

恵方巻きの種類によって米の量やカロリーが異なるため注意が必要です。
例えば、伝統的な「七種具材恵方巻き」は直径約5cm、長さ約13cmで、米の量は約120g、カロリーは約195.2kcalです。
一方で、「賛否両論監修 銀鱈西京焼恵方巻き」は直径約5cm、長さ約9cmで、米の量が約150g、カロリーは約242kcalとなります。

また、恵方巻きに使われる具材によってもカロリーは異なります。
海鮮系の具材を使用した恵方巻きは比較的カロリーが低い傾向にあり、肉系の具材を使用したものはカロリーが高くなることがあります。

 

2024年ローソン恵方巻きの正しい食べ方と伝統的なマナー

恵方巻きを食べる際の伝統的なマナーと慣習をご紹介します。

  1. 家族全員分の恵方巻きを準備:通常、家族の人数に合わせて恵方巻きを用意します。家族全員が同時に恵方巻きを楽しむことが大切です。大きさは選びやすいコンパクトなものでも構いません。
  2. その年の恵方を調べる:恵方は毎年変わります。2024年の恵方は「南南東やや南」方向です。この方向に向かって食べるのが伝統です。
  3. 恵方に向かって無言で食べながら願い事をする:恵方巻きを食べる際には、指定された方向を向いて無言で食べ、心の中で願い事をします。この習慣は願いが叶うとされています。
  4. 途中でカットせずに一気に食べる:恵方巻きは途中で切らずに一気に食べるのが縁起が良いとされ、これは「縁を切らない」という意味があります。

具材について:恵方巻きの具材に厳格なルールは特にありません。伝統的には7種類の具材の使用が推奨されていますが、好みに応じて肉、野菜、海鮮などを組み合わせてアレンジすることもできます。

 

2024年ローソン恵方巻きは予約不要で当日購入可能? まとめ

ローソンでは、節分の季節になると恵方巻きや季節のスイーツが毎年人気を博しており、特に初心者でも簡単に予約できるのが魅力です。
恵方巻きは6種類の中から選べ、価格は430円から980円の範囲です。
有名店監修の恵方巻きや、規格外の食材を使用したバリエーション豊かな恵方巻きもあります。
魚好きには「鮨由う監修の炙りホタテ海鮮恵方巻き」や「穴子刻み恵方巻き」、肉好きには「銀鱈西京焼恵方巻き」や「黒毛和牛焼肉恵方巻き」がおすすめです。
バランスの取れた食事を求める方には「七種具材の恵方巻き」が最適です。

一部の店舗では、当日店頭での購入も可能ですので、直接店舗で確認すると良いでしょう。
近年、クリスマスケーキや恵方巻きなど季節商品の食品ロスが注目されており、多くの店舗が予約販売を促進しています。
また、「巣ごもり需要」の増加に伴い、特に昼頃に売り切れることもあります。
そのため、「当日予約なしで恵方巻きを選びたい!」という場合は、早めに来店・注文することをお勧めします。
店舗によっては午前中に恵方巻きコーナーが空っぽになることや、夕方には仕事帰りの人たちによって恵方巻きが急激に売れることもあります。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。