冷凍でブドウを長持ちさせる方法!美味しく楽しめる期間とその利点

果物

ブドウはその豊富な風味が魅力で、贈り物としても好まれる高級なフルーツです。
セールでお得になっている際には、つい多く買ってしまいがちです。

しかし、ブドウは常温や冷蔵保存ではすぐに品質が落ちてしまうことがよくあります。
もし長く新鮮な状態を保ちたいのであれば、冷凍保存が最適です。

この記事では、ブドウを冷凍で保存する際のポイントとそのメリットを詳しく解説します。
正しい方法で保存すれば、その美味しさを長期間楽しむことができます。

 

ブドウの冷凍保存が持つメリット

冷凍でブドウを保存することのメリットは、主に皮が剥きやすくなることと、常温や冷蔵保存時に比べて保管期間が長くなることの2点にあります。
ここでは、これらのメリットを詳しく見ていきましょう。

 

皮が剥きやすくなる理由

冷凍されたブドウは、皮が驚くほど剥きやすくなります。
通常、ブドウの皮を剥く作業は手間がかかり、多くの人にとって面倒なものです。

しかし、冷凍技術を活用することで、この作業を格段に簡単にすることができます。
方法は、ブドウをまず冷凍させることから始めます。
その後、冷凍されたブドウを水に浸すと、皮が膨らんで果実と皮の間に隙間が生まれます。
これにより、皮を簡単に剥くことができるようになります。
非常にシンプルですね。

また、常温で皮を剥きやすくするためのコツとして、ブドウの底から剥き始める方法があります。
湯むきする方法も効果的で、トマトの湯むきと同じ手順です。
この手法については後ほど詳しく説明していますので、参考にしてください。

 

保存期間が延びる利点

通常、ブドウは常温で保管した場合、購入後2〜3日で食べきるのが一般的です。
冷蔵保存の場合でも、最長で1週間程度が限界です。

しかし、ブドウを冷凍で保存することで、2〜3週間という保存期間を実現することができます。
長期間保存したい場合や、将来的にブドウを使いたいと考えている時に、冷凍保存は非常に便利です。

加えて、冷凍することでブドウの甘みが増すというメリットもあります。
すぐにブドウを食べる予定がない場合でも、冷凍保存を試してみる価値があります。

 

ブドウの冷凍保存方法

枝付きのブドウの冷凍方法

ブドウを皮つきのまま冷凍する手順は以下の通りです。

  1. 最初に、ブドウを一粒ずつ枝から切り離します。
    この作業にはキッチンバサミを使用し、ブドウの枝を少し残して切り取ると良いでしょう。
    これは、皮に穴を開けずに果実を新鮮に保つための工夫です。
    手間はかかりますが、ブドウの風味を保つためには効果的です。
  2. 次に、ブドウを水で丁寧に洗います。
  3. 洗ったブドウをキッチンペーパーで丁寧に水気を拭き取ります。
  4. ブドウが重ならないように、平らになるようにして保存用の袋に入れ、金属製のトレイを使用して冷凍庫に入れます。
    金属製のトレイを使う理由は、ブドウをできるだけ早く冷凍し、風味を長く保つためです。

皮を剥きたい場合の湯むき方法

冷凍したブドウの皮は簡単に剥けますが、冷凍する前に皮を剥きたい場合もあります。
そのような時は、湯むきが適しています。

まず、ブドウを一粒ずつ房から外し、沸騰したお湯に約20秒間浸します。
その後、ブドウをザルに移して冷水でさっと洗い流します。
この熱処理により、ブドウの皮が収縮し、温度の変化で皮が果実から容易に剥がれるようになります。

 

種なしブドウの冷凍方法

多くの人がブドウの風味を楽しんでいますが、種の存在は時として面倒に感じられることがあります。
特に、ブドウを使ったデザートを作る際には、予め種を取り除いておく必要があります。
種を抜いた後にブドウを冷凍しておけば、使用するときに便利です。

種を取り除く際には、直径6mmのストローが役立ちます。
ブドウの底から中心目掛けてストローを押し込み、一気に貫通させることで、種を簡単に取り除くことができます。
この方法を使えば、種だけでなく皮も一緒に除去できるので、さらに手軽です。
種と皮を取り除いたブドウを冷凍する際の推奨される方法です。

 

推奨される保存期間

最大で3週間です。

 

ブドウの解凍方法

冷凍したブドウを使用する際、お菓子作りなど加熱調理をする場合は、わざわざ解凍する必要はありません。
直接調理に使うことができます。

また、冷凍ブドウをそのまま食べるとシャーベットのようになり、とても美味しいですが、自然解凍して室温で食べることも可能です。
急いで解凍したい時は、流水を使った解凍がおすすめです。

 

最後に ブドウの準備をもっと簡単に

ブドウを食べる時に種を取り除いたり皮を剥いたりするのが面倒と感じることがありますが、これらの作業は実は思った以上に簡単です。
手がベタベタにならないような便利なコツを覚えれば、ブドウをもっと手軽に、そして美味しく楽しむことができます。
少しの工夫を覚えるだけで、食べる時の面倒さを感じずにブドウの美味しさを堪能することが可能です。
ぜひこの方法を試してみてください。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。