不思議な食品『ちくわぶ』の魅力とおすすめレシピをご紹介!

料理

おでんの具材として知られる「ちくわぶ」は、東京が発祥の隠れた名物です。
見た目や名称が似ているため、よく「ちくわ」と間違えられますが、実際にはまったく異なる食品です。

この記事では、「ちくわぶ」とは何か、そしておいしい食べ方をご紹介します。
おでんだけでなく、様々な料理に活用できるちくわぶの可能性を一緒に探ってみましょう!

 

冬の定番!おでんに欠かせない「ちくわぶ」の魅力

おでんの季節になると、人々の関心を集める具材の一つが「ちくわぶ」です。
一部の地域ではおでんの定番具として親しまれていますが、「ちくわとどう違うの?」や「初耳だ」という人も少なくありません。
実はちくわぶは、東京特有の地元グルメで、西日本ではあまり知られていない食品なんです。

 

「ちくわぶ」の見た目と特徴

見た目に関して言えば、ちくわぶは凹凸のある白いちくわに似ています。
なると巻きの波型を強調したような形で、細長い棒状の中央にはちくわと同じような穴があります。
色は焼き目のない白色で、基本的にはちくわぶ自体には強い味はなく、煮込むとすいとんのようなモチモチした食感になり、だしをよく吸います。
ちくわに似た外観と、生麩を思わせる製法から「竹輪麩(ちくわぶ)」と名付けられました。

 

「ちくわぶ」のルーツとその主な生産地について

起源

ちくわぶの起源は定かではありませんが、明治時代の落語に登場することから、少なくともその時期には既に一般的な食品であったと考えられています。
特に戦後の食糧難の時代には、手頃な価格の小麦粉を用いてちくわの代わりに広く食されるようになりました。

 

生産地

ちくわぶは現在、東日本で特に人気があり、その生産は主に関東地方で行われています。
日本で最大のちくわぶ製造業者は茨城県水戸市に位置しており、東京にも多くのちくわぶを生産する店舗や工房があります。

この食品が東日本で広く普及したのは、近年の流通網の発展が大きな要因です。
一方、西日本では今でもあまり馴染みのない食品とされています。

 

「ちくわぶ」関東で不可欠なおでんの具、関西ではどう受け入れられている?

ちくわぶは、特に東京周辺のおでんにとって欠かせない食材です。
地元のスーパーやコンビニ、居酒屋で提供されるおでんでもよく使われています。
しかし、関東地方を離れるとちくわぶの知名度は急速に低下します。
東日本では比較的よく知られていますが、西日本、特に関西地方ではあまり馴染みがありません。
東京に移住した多くの人が、初めてちくわぶを知り、試す機会を得ることがよくあります。

 

「ちくわ」と「ちくわぶ」の違いとは?

ちくわぶに不慣れな人の中には、「ちくわとどう違うの?」と疑問に思う方もいるでしょう。
外見は似ていますが、ちくわぶとちくわは全く異なる食品です。

ちくわやなるとは魚のすり身に卵やデンプンを混ぜて作られるのに対し、ちくわぶは主に小麦粉(強力粉)を使用します。
小麦粉を水や塩水で練り、棒に巻いて茹でて作られるのがちくわぶの特徴です。

 

小麦粉から作られる「ちくわぶ」の独自の特徴

ちくわぶは、主に茹でられた小麦粉を使って作られる食材です。
外見はちくわに似ていますが、香りや味、食感は全く異なります。
すいとんをちくわの形にしたような食品と言えるでしょう。

魚肉を使ったちくわのような練り物は、独特の風味が特徴で、魚の味わいを直接楽しむことができます。
しかし、ちくわぶはほぼ小麦粉だけで作られており、うどんのように本体にはあまり味がないのが特徴です。
そのため、ちくわぶは他の食材の味を吸収して楽しむのに適しています。
表面のギザギザは、味を吸収しやすくするための工夫です。

また、ちくわぶの食感は一般的な練り物とは異なります。
柔らかくてふわふわの練り物とは違い、強力粉を何度も練り込んで作られるちくわぶは、煮込むともちもちとしたユニークな食感になります。

 

「ちくわぶ」の多彩な食べ方と活用アイデア

ちくわぶはそのままでは味わいが薄く、固めの食感が特徴ですが、加熱することでその魅力が引き出されます。
特に、おでんに加えると、出汁を吸収し、もちもちとした美味しい食感に変わります。

また、すき焼きや味噌鍋、豚汁、煮物などの汁物に入れると、ちくわぶが汁を吸い取り、ボリュームを増す効果があります。

甘い料理にも使えます。
例えば、甘いシロップで煮込んだり、アイスクリームと合わせたり、トッポギやニョッキの代わりとして使ったりすることもできます。

焼くとふんわりとした食感に、揚げるとパイのようなサクサク感を楽しめます。
ただし、ちくわぶは小麦粉を主成分としているため、長時間煮込むことには向いていません。

 

最後に 東京発祥「ちくわぶ」の多様な使い方

東京発祥のちくわぶは、元々はちくわの代用品として使われていましたが、様々な料理に活用できる食材です。
西日本ではあまり知られていないかもしれませんが、一部の地域ではスーパーで見かけることもあります。

これまでおでん専用だと思っていた方も、ちくわぶの多彩な活用方法を試してみることをおすすめします。
汁物や甘い料理に加えることで、ちくわぶの新たな魅力を発見することができるでしょう。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。