返ると帰ると還るの違いってなに?戻る状態や位置で使い分け!

返ると帰ると還るの違いってなに?戻る状態や位置で使い分け! ライフ

物や人がもとの状態や場所に戻るアクションは「かえる」と表現されます。
これには、「返る」「帰る」「還る」といった漢字のバリエーションが存在し、稀に「反る」も含まれることがあります。
これらの単語は、一般的に、物や人がもとの状態や位置に戻る概念で結びついています。

 

「返る」と「帰る」と「還る」の違い

「返る」が使われる場合

「返る」は、ものがその前の状態や場所に戻る場合に使います。
例えば、「借りたアイテムが返る」や「落としたアイテムが返る」といった状況です。
また、「意識が元に戻る」や「子供の心に戻る」といった状況や、方向や位置が変わる場合にも使われます。

「帰る」が使われる場合

「帰る」は特に人が元の場所、例えば家や故郷に戻る場合に使われます。
これは、個人が一度離れた場所にリターンするアクションを指します。

「還る」が使われる場合

「還る」はもとの状態や場所に戻るアクションを表すものの、それがあるプロセスを経て、原点にリターンするニュアンスを持っています。
しかし、「還る」は常用漢字ではないので、通常はひらがなか「帰る」を使って表現されます。

 

「返る」と「帰る」の使い方に注意

「返る」と「帰る」の使い方には、曖昧さがあることがあり、正確に使い分ける必要がある場合もあるので注意が必要です。
例えば、「初心に返る」や「原点に返る」といった表現も、「帰る」を使って表現することも考えられます。

また、「生き返る」は「返る」を使い、一度死んでいたものが生を取り戻す意味ですが、「生きて帰る」は戦場などから生きて元の場所に戻る意味で「帰る」が用いられます。

「とんぼ返り」の表現は、元の場所にすぐに戻る、あるいは方向を反転する動作を指し、「帰る」という言葉と混同されることがありますが、正確には「返る」が用いられます。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。